Sample HomeSample Home

シティ・ラボとは?

 「シティ・ラボ」とは? 夢に形を!
 いま都市は、新たな変革の時代を迎えています。
 地球環境の急速な悪化や生き残りをかけた激しい都市間競争、
 地方分権における行財政改革の要請、市民ニーズの複雑化と高度化など、
 都市をめぐる政策課題が、かつてないほど挑戦的なものになっているからです。
 私たちの宇都宮も決して例外ではありません。

 これはまた、市民の暮らしやすさや公共サービスの質の違いによって、
 自治体が評価・選別されるような厳しい時代のはじまりでもあります。
 しかし、都市における民主制のプロセスを真に動かせるならば、私たちに
 できることはまだたくさんあるはずだと信じます。
 今、まさに自治の真価が問われています。

 このような時代において、宇都宮が北関東の中枢都市として、
 キラリと輝き続けるには、その地域の資源と特性を活かした都市政策を
 発展させていく必要があります。
  同時に、市民自治をさらに拡張し、独自の問題解決能力を高めていく
 ことも欠かせないはずです。

  私たちは、そうした取り組みの主役となるべく、地域に根ざした民間に
 よる都市型の研究実験室として、『シティ・ラボ・うつのみや』を設立します。
「ラボ」とはラボラトリーの略で、写真の現像所という意味もあります。
 いわば夢を現(うつつ)に変える所でしょう。
 シティ・ラボは、市民の思いに政策という形を与える装置をめざしてします。

  『シティ・ラボ・うつのみや』の使命(ミッション)は、
 宇都宮のよりよい近未来を自主的に創造する一躍を担うことです。
 そのために、市民自治と都市政策の衆知を集める場として、対等な関係で
 自由に参加できるフォーラム(広場)をつくり、広く交流の機会と公益活動の
 ステージを提供します。

  そして、多くの市民や事業者、行政、大学、NPOなどとのネットワークと
 協働関係築きながら、活きた政策情報を発信・提言し、具体的な実践活動へ
 とつなげていきたいと考えています。

  皆さまにとって、『シティ・ラボ・うつのみや』へのご入会と活動への
 ご参加が、やがて新たな社会的ステータスとなることを願ってやみません。

お知らせ

2017年6月から2019年6月までの活動記録アップしました。NEW
・2017年度シティ・ラボ・うつのみや総会を開催
 2017年9月1日(金)に、2017年度の総会を開催しました。
 昨年度一年間の活動報告と、今年度の研究・事業計画を参加者全員で確認しました。
 活動記録館を更新しましたので、ご覧ください。




累計 今日 昨日